育児百科Q&A

育児について

仕事と子育ての両立

結婚して妊娠し出産すると、それまで続けていた仕事を辞める女性が出てきます。仕事を諦めるという選択をする女性がいる反面、金銭的な事情等で、今の仕事を続けたいという女性もいます。そんなとき、大きな力になってくれるのが育児休暇(育児休業)制度です。

労働者を対象にした制度で、子どもが満1歳になるまでの間、育児休暇を取得できます。また特別な事情があれば1歳半まで延長されます。1991年に法律が制定され、現在も法律の改正がなされており、多くの親たちが、仕事と育児の両立が出来るように配慮されています。

けれどもこのような努力がされても、出生率は思うように向上していません。また男性の育児休暇の取得率も1パーセント程度と非常に低い水準です。また女性の取得率も、政府の統計の取り方に問題があるとその不備が指摘されており、実態としては育児休暇の取得率はかなり低いとも言われています。また公務員や一部の大企業では比較的育児休暇が取得できても、中小企業ではとりにくいという実態もあるようです。

育児休暇が所得しにくい原因には、職場での育児休暇の認識が低いことの他にも「育休切り」と呼ばれる解雇や雇い止めもあるようです。これは企業が人件費を削減するための方策とも言われ、育児休暇中の社員がターゲットになります。また解雇までいかなくても正規雇用の社員に対し、非正規雇用の社員へ変わるように迫るケースもあります。

景気が良ければこのようなケースには至らないのですが、不景気ですので企業の体力がなく、結果的に育児休暇中の社員という立場の弱い者にしわ寄せがきているのが現状なのです。 子育てがしにくい社会のままであることは、出生率が上昇していないのを見ても明らかです。仕事と子育ての両立は難しいのが現実ですが、なるべく多くの方の理解と協力を得て、社会の中で子どもを育てていく体制を整えることが急務です。

育児について

育児とストレス

教育・学習

子供がかかりやすい病気

新生児・乳児期の育児

幼児期の育児

海外の育児

Copyright (C) 育児百科 Q&A All Rights Reserved