育児百科Q&A

新生児・乳児期の育児

母乳と人工乳

母乳だけで子育てをするということは、とても理想的なことですね。母乳は、特に新生児が飲む最初の母乳には、母親由来の抗体が含まれており、赤ちゃんが病気にかからないように、特別な事情がない限りは飲ませるように薦められています。

また母乳を与えることは母子との精神的な絆を深め、乳首を吸うことで、赤ちゃんの歯の発育が促進されるなどの利点があります。また母親にとっても授乳をすることはダイエットの効果があり、子宮を元の大きさに戻し、出血を抑える効果もあります。

母乳を与えることは母子共に大変大きなメリットがあります。また母乳の量もかなり個人差があり、赤ちゃんが飲みきれないほど母乳の出るお母さんや、あまり母乳が出ないお母さんもいます。思ったほど母乳が出ないからといって諦める必要はありません。赤ちゃんが吸う刺激で母乳の分泌が促進され、徐々に母乳の量が増えることもあります。また飲みきれないほど母乳が出る場合は、放っておくと乳腺炎になることもありますので、自分で搾乳をするなどのケアが必要になります。

このように新生児には特に重要な母乳ですが、赤ちゃんが未熟児のため、お母さんと赤ちゃんが長期間引き離された場合や、何らかの理由で母親の母乳を飲ませることが出来ない場合は、人工乳での育児となります。育児用粉ミルクは年々改良され、母乳の成分とあまり変わりないものが出てきています。

これも紙おむつと同じで、母乳の量がどうしても足りない方は、人工乳を足しての育児となります。100パーセント全てのお母さんが、完全母乳で育児が出来ているわけではありません。母乳が出ないからダメな母親と自分を責めることはありません。

育児について

育児とストレス

教育・学習

子供がかかりやすい病気

新生児・乳児期の育児

幼児期の育児

海外の育児

Copyright (C) 育児百科 Q&A All Rights Reserved