育児百科Q&A

新生児・乳児期の育児

離乳期

ずっと母乳や人工乳ばかりだった赤ちゃんも、生後5ヶ月を過ぎると離乳期に入ってきます。離乳食もいきなり大人が食べているものと同じものを与えることはできません。最初は水分の多いお粥やすりおろした食品など、ドロドロとした液状の離乳食から始めます。

最初は消化吸収のよいでんぷん質のものから始めましょう。また育児書などには離乳は5ヶ月頃から始めましょう、など参考になる記事が多く書かれていますが、個人差がありますので、必ず5ヶ月から始めなければならないわけではありません。

ただ、離乳の開始は早すぎても遅すぎても良くないと言われています。赤ちゃんの様子をよく観察し、首がすわって椅子に座ることができるようになり、食物をみると口をあけるなど反応する様子が見られたら、離乳を始めましょう。

離乳に際しては、アレルギーなどに考慮しましょう。両親共にアレルギー体質ですと遺伝している可能性もあります。与える食品に制限をかけなければならないのかどうか、医師とよく話しあって下さい。

離乳期も、初期・中期・後期・完了期と次々に段階があります。最初は液状のお粥から始めて、お豆腐ほどの固さの食事に移行します、そして次にバナナ程度の固さの食事へと、そして最後は大人と同じような食事をすることができます。離乳が完了するのは満1歳くらいとされていますが、個人差がありますので完了する時期が少々遅くなっても構いません。子どもによって歯の生え方も違います。子どもの個性と割り切って、育児書どおりの子育てにこだわる事無く、ゆとりのある心でお子さんを見守って下さい。

育児について

育児とストレス

教育・学習

子供がかかりやすい病気

新生児・乳児期の育児

幼児期の育児

海外の育児

Copyright (C) 育児百科 Q&A All Rights Reserved