育児百科Q&A

育児とストレス

うつ病

妊娠・出産・育児と、休み間もなく大きな仕事をしている母親には知らず知らずの間にストレスと負担がかかっています。産後、それまで子宮の中で胎児を育むために分泌していたホルモンが大きく変化し、それが母親の心にまで影響を与えます。母親の心はホルモンの影響だけでもかなり不安定な状態になるのです。

そこへ慣れない育児という激務や赤ちゃんに絡むトラブルなどの外的原因が重なると、現状を悲観し、時として母と子が無理心中を図る、また子供の虐待や育児放棄など、悲しい結果を引き起こすこともあるのです。

このような児童虐待や育児放棄に、産後うつ病は関わっていると言われています。産後うつ病は病気であり、いつでも、誰にでも発病する危険があります。さらに発病に関して、母親には一切責任はありません。責任感の強い母親や完璧主義の母親はそのような病気になったと知ると、自分を責めてしまうかもしれません。

けれどもホルモンの変化は、確実に心に変化をもたらします。誰でもが経験する可能性のある病気です。自分だけは大丈夫とは決して言えません。ですから、もし体や心にそれまでに感じたことのない変化があったら、専門医を受診しましょう。

気分の落ち込みや不安定感、将来に対する漠然とした不安、無気力、無関心、子供に対して愛情が持てない、育児に自信が持てない、夜眠れない、などの自覚症状があれば赤信号です。早い段階で適切に対処することが大切です。また周囲の方が必要以上に子育てに口を出し、母親を精神的に苦しめるのも良くありません。子育てに周囲協力は不可欠ですが、過ぎたるは及ばざるが如しです。母親の体と心の状態には、十分配慮しましょう。

育児について

育児とストレス

教育・学習

子供がかかりやすい病気

新生児・乳児期の育児

幼児期の育児

海外の育児

Copyright (C) 育児百科 Q&A All Rights Reserved