育児百科Q&A

子供がかかりやすい病気

突発性発疹

突発性発疹の原因はヒトヘルペスウイルスの感染によるもので、生後6ヶ月から2歳くらいまでの間に発症することの多い感染症です。2歳までに全体の90パーセントの子供がかかると言われています。

この病気は5~15日の潜伏期間の後、突然38℃ほどの熱がでて、子供によってはその日のうちに40℃という高熱をだすこともあります。けれども高熱の割には機嫌がよいのもこの病気の特徴です。熱は3~4日続きますが自然に熱は下がります。熱が下がると同時に全身に赤い発疹が現れます。

発疹にはかゆみはなく、4~5日ほど経過すると自然に治ります。母親からもらった免疫が切れるころにかかる病気で、赤ちゃんが最初にかかる病気の代表とも言われています。

この病気は個人差もあり、子供によっては、熱があまり出なかったので突発性発疹と気がつかないまま治ってしまったり、合併症を引き起こして症状が重くなったという事例もあります。この病気自体は、あまり重症化することはないのですが、様々な合併症を発症すると症状が重くなることがあります。熱性けいれんや脳炎・脳症・下痢などの合併症が見られる場合は急いで医療機関で受診しましょう。

またこの突発性発疹の治療法は対処療法が中心になります。発熱している場合は解熱薬を、けいれんを起こす危険性がある場合はけいれん予防の薬などが処方されます。なお、この病気は年間を通して発症しますので、常に乳幼児の健康状態には留意しなければなりません。

育児について

育児とストレス

教育・学習

子供がかかりやすい病気

新生児・乳児期の育児

幼児期の育児

海外の育児

Copyright (C) 育児百科 Q&A All Rights Reserved