育児百科Q&A

子供がかかりやすい病気

日射病・熱射病

日射病や熱射病は、ウイルスや細菌による伝染病ではありませんが、近年問題となっている、地球温暖化や都市部のヒートアイランド現象などで、夏場の平均気温が年々上昇しているため、年齢性別を問わず増えている症状です。

また特に乳幼児は大人のように体温調節機能が発達していないため、外気温が上がると乳幼児の体温も上がってしまいます。ですから例え短時間でも乳幼児を車の中に閉じ込めることは厳禁です。曇りの日でも車内の温度は思った以上に上がってしまいます。

それからエアコンや扇風機のない湿気の多い暑い部屋も、熱射病になる可能性があります。エアコンや扇風機を使用し、室温と湿度を適正に保ちましょう。それから熱中症危険度を計る「携帯型熱中症計」が発売されていますので、室内に置いておけば熱中症の危険度が分かります。危ないと感じたらすぐに窓を開ける、扇風機を回す、エアコンをつけるなどの対処を行いましょう。

また猛暑の中、ベビーカーを押して外出することがあるかもしれませんが、地表に近い場所に置かれてしまうため、大人よりも高い温度にさらされます。炎天下での外出は極力避けたいものです。また子供の様子がおかしい時は、軽く考えずに医療機関を受診しましょう。

また乳幼児が気温の高い状態に置かれ、ぐったりして意識がない時は、一刻を争います。すぐに救急車を呼びましょう。救急車が来るまでの間の応急処置をして、脇や股、そして背中を冷やし、塩分を含んだスポーツ飲料などを少しずつ飲ませましょう。

育児について

育児とストレス

教育・学習

子供がかかりやすい病気

新生児・乳児期の育児

幼児期の育児

海外の育児

Copyright (C) 育児百科 Q&A All Rights Reserved